給湯器の水漏れの修理方法

普段、当たり前のようにお風呂を沸かしたりシャワーを浴びたりたくさんのお湯を使えたりするのは、給湯器が24時間お湯を提供してくれるからです。そのため、給湯器が水漏れを起こすなどして不調になるととても困ります。
特に真冬の水が冷たい時期に、故障してしまうと大変です。急に給湯器 水漏れなどが起きても慌てないように、対処法や修理方法の知識を身につけることが大切です。寿命や買い換えの時期についても知っておきます。

■給湯器の種類と水漏れの原因

給湯器で多いのはガス給湯器、電気給湯器です。最近はオール電化住宅が増え、電気給湯器も増えていますが、一般的な住宅ではガス給湯器が多いです。給湯する直前にガスバーナーで加熱する瞬間的湯沸かしのシンプルな構造で、設置工事費用が安くて済みます。使用するガスによって光熱費が高くなり、お湯が出るまでに多少時間がかかるのがデメリットです。電気給湯器は排気の必要がなく、深夜料金を使えば光熱費も割安になります。
ただ、貯湯式が多く、給湯量に上限があり、タンクの設置場所が必要です。給湯器 水漏れは経年劣化が多く、給湯管に穴が開いたり、パッキンが劣化したりします。給湯管には圧力がかかるので、配管の接続部は劣化しやすいです。給湯器の寿命は約10年で、普通に使用しても、劣化による水漏れリスクはあります。

■給湯器の水漏れ修理と相場

ガス給湯器はガス管と隣接しているので、自分で修理するより、業者に依頼した方が良いです。給湯器 水漏れがしているときは、見える部分は補修し、それ以外は水圧テストなどを行い、水漏れの箇所を特定します。ときには床下にもぐったりして、配管を補修し、修理工事を行います。配管の取り付けや設置に溶接の必要があるので、プロの業者に任せます。工事後は配管や継手をきちんと清掃します。
給湯管のパッキンは劣化が早いので、水漏れが再発しないようにシートパッキンを使う場合もあります。給湯器本体もしくはその付近から水漏れしているときは、給湯器自体の修理が必要で、修理できなければ、本体を交換することになります。ガス給湯器の修理費用の相場は技術料1万円以上が多く、部品代がプラスされます。電気給湯器の本体価格はガス給湯器より高いですが、寿命は長いです。

■まとめ
給湯器の修理を依頼するときは、複数の業者に依頼して、相見積もりを取ることが大切です。業者を比較すると、見積もり額に隔たりがあることも珍しくありません。特に本体交換の場合、数万円以上違うこともあります。生活の重要なインフラである給湯器の修理は、納得できる業者に依頼することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ